献血に協力を

 県赤十字血液センターは、献血者の激減で県内の在庫血液が不足したため、献血への協力を呼び掛けている。十月末現在、前年同期より三千四百四十五人、千六百六十五リットル少ない。安定適性在庫に対しA型53%、B型86%、AB型91%、O型44%の実績で、AとO型が特に不足している。他県からの調整も困難という。
 同センターでは緊急事態として、移動採血車の増車、電話やメールによる献血登録者への呼び掛けも考えているという。問い合わせは山口市野田の県赤十字血液センター(電話083-922-8001、フリーダイヤル0120-456-122)へ。

カテゴリー:アーカイブ2006年12月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ