歳末助け合い展、盛況

「みんなでささえあう、あったかい地域づくり」をテーマにした第五十回歳末助け合い展は二日、宇部市の福祉会館で開かれ、格安の遊休品、新鮮な野菜、陶芸作品、盆栽などを買い求める人たちでにぎわった。市社会福祉協議会、宇部文化連盟、市婦人会協議会、宇部日報社主催。
 十一月二十七日から二日までフジグラン宇部で開かれた歳末助け合いオークションでは、宇部出身・在住の著名人の寄贈品十一点を入札形式で販売。二十万五千百四十八円の売り上げがあった。この日のバザーの売り上げは七十五万八千四百四十六円。オークションと合わせた九十六万三千五百九十四円は県共同募金会宇部支会に寄付し、地域での高齢者福祉や父子家庭ふれあい支援事業、幼児への絵本購入などに役立てられる。

 バザー会場でお目当ての品を探す市民ら(福祉会館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年12月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ