「父子家庭ふれあい支援事業」、3日から受け付け

 宇部市社会福祉協議会(縄田欽一会長)が「父子家庭ふれあい支援事業」に初めて取り組む。冬休み中にヘルパーを派遣して家事の手助けをし、親子に余裕を持って、楽しみながら調理や掃除をしてもらうのが狙い。申し込みの受け付けは十二月三日から。冬休み中で希望する二日間、ヘルパーを二人一組で、二時間ずつ派遣する。定員は十家族(先着順)。
 申し込みは、三日以降の平日午前八時半-午後七時に、市社協総務課の同班(電話33-3131)まで。

カテゴリー:アーカイブ2007年11月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single