県推進エコ堆肥農産物の試食会

 生ごみから作るエコ堆肥(たいひ)で栽培、収穫した農産物を使った料理の試食会が二十六日、山口市阿知須の宇部72アジススパホテルで開かれた。生産者や、リサイクルに回す生ごみを排出する飲食店、スーパーの関係者約五十人が、地球に優しいメニューを味わい、循環型社会の構築を誓い合った。
 県が進める生ごみリサイクルプロジェクト「Food&Green(フードアンドグリーン)リサイクルシステム」で生産された農作物の初めての試食会。メニューはポトフ、コンビネーションサラダ、カボチャのドリアなど十三品。生ごみをリサイクルした飼料で育った豚のローストポークも出された。参加者は新しいシステムで作られたメニューを味わい、意見交換していた。

 エコ堆肥を使ったメニューを味わう参加者(山口市阿知須の宇部72アジススパホテルで)

カテゴリー:アーカイブ2007年11月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single