洋画家・庄島信基さんが新院展で準大賞

 Nobu Syo(ノブ・ショー)の名前で活躍している宇部市厚南の洋画家、庄島信基さん(62)はこのほど、所属する新日本美術院の第三十八回新院展で準大賞に輝いた。
 新日本美術院は、一九六八年に自由な芸術創作活動を掲げて発足し、毎年秋に国際公募展を開催している。今回の作品については「あくまで見る人に自由に想像し、楽しんでもらいたいが、現代の世界情勢をキャンバスの中に凝縮した。もともと具象をやっており、抽象作品で大きな賞をもらい、とまどっている。いろんな人に応援してもらったので(受賞は)恩返しになった」と喜んだ。
 第三十八回新院展は、十二月一日まで東京・上野の東京都美術館で開かれている。

 表彰状を手に喜びの庄島さん(厚南の自宅で)

カテゴリー:アーカイブ2006年11月29日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ