宇部商高JRCが独居老人と交流

 宇部商高JRC(青少年赤十字)部(中嶋真与部長)は、二十七日から校区内の独居老人宅を訪れて交流する新しい活動を始めた。二十九日からは西宇部ふれあいセンターと西宇部小に開設されている学童保育での支援もスタートさせる。いずれの活動も、来年一月から定期的に開始する。
 独居老人との初顔合わせとなった二十七日は、四グループに分かれて訪問。生徒たちは自己紹介の後、日常生活や料理の話などで会話を弾ませ、お年寄りを喜ばせた。中嶋部長は「緊張したが、思ったよりも話ができ、打ち解けることができた。次からは料理や昔の遊びなどを習ってみたい」と話した。

 お年寄りと話をする生徒たち(厚南松見町で)

カテゴリー:アーカイブ2006年11月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single