宇部工高の3人が「高校生ロボット相撲全国大会」出場

 宇部工高(吉川直紀校長)のメカトロ部の山根政紀部長(電子機械科三年)と山根尚人君(同)が、二十三日に沖縄県で開かれる「高校生ロボット相撲全国大会」の自立型の部に出場する。また長谷川諒君(同)は同大会のラジコン型の部に参加する。
 大会は重さ三キロ、縦横二十センチ以内のロボットを制作し、直径百五十四センチの鉄板土俵の上で、強さを競わせる。全国で戦うのは三度目の山根部長と山根君は「昨年は全国でベスト16だったので、今年はベスト4入りを目指して全力を尽くす」と抱負。全国大会は初めてとなる長谷川君は「最初で最後の全国大会なので、持っている技術を出し切るとともに、楽しんできたい」と話している。

 自作のロボットと共に全国大会に出場する長谷川君、山根部長、山根君(左から、宇部工高で)

カテゴリー:アーカイブ2007年11月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single