学生アイデアコンテストで宇部高専の2人が全国入賞

 宇部高専(幡中憲治校長)の小松繁綱さん(電気工学科四年)が、2007全国学生ロボットアイデアコンテストで優秀賞を受賞。天川勇二さん(同五年)は同ビジネスアイデアコンテストで努力賞に選ばれた。
 小松さんのロボットのアイデアは「対たてこもり犯用小型ロボット機動部隊」。天川さんは「公衆検尿便所」と題したビジネスのアイデアで受賞。「将来は、たくさんの人の命を救えるロボットを作り出したい」と言う小松さんは、ロボットの開発者を夢みて大学進学を考えている。天川さんは来年度、広島大教育学部に編入学し、中学の技術教員を目指す。「チームで物作りをする楽しさを、多くの子供たちに伝えたい」と話している。

 全国コンテストで入賞した小松さん(右)と天川さん(宇部高専で)

カテゴリー:アーカイブ2007年11月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single