わいせつ、声掛け相次ぐ

 山陽小野田市内では、十月から十一月にかけ、公然わいせつや声掛け事案が相次ぎ発生している。小野田、厚狭の両警察署では、パトロールを強化し、住民に注意を呼び掛けている。
 男性が女性に自分の陰部を見せるわいせつ行為は、先月十二日に出合校区、十九日に有帆校区、二十四日に高泊校区、今月三日に高千帆校区、二十日に厚狭校区で発生し、女子高生と成人女性が被害に遭っている。時間や場所、目撃証言に共通点が少なく、警察への通報が遅かったこともあり、検挙に至っていない。両署では早期解決のため、「被害に遭いそうになったら、すぐに110番の家に駆け込むなどして周りの大人に知らせ、少しでも早く警察に通報してほしい」と呼び掛けている。

カテゴリー:アーカイブ2006年11月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ