韓国の宣明会児童合唱団がサビエル高訪問、交流

 韓国の宣明会児童合唱団が十三日、サビエル高(ベアトリス・カベスタニ校長、百九十三人)を訪問し、歌を通じて交流した。同合唱団は韓国トップレベルの実力を持ち、十二日に市文化会館であった国民文化祭やまぐち二〇〇六の少年少女合唱祭にゲスト出演した。
 小・中学生三十七人の団員は、一、二年生百三十三人を前に「キリエとグロリア」、「オーシャンゼリゼ」など五曲を歌った。この後、団員と二年生の交流会が行われた。二年生は、二週間前から総合学習で勉強してきた韓国語を試したり、英語を交えたりしながら、意思疎通を図った。終始笑顔の交流となり、メールアドレスを交換する場面も見られた。

 笑顔で交流する日韓の生徒たち(サビエル高で)

カテゴリー:アーカイブ2006年11月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ