国文祭、12日にフィナーレ

 県内各地で盛大に繰り広げられている第21回国民文化祭やまぐち2006は、12日にフィナーレを迎える。宇部市内の商店街では、彫刻展の良い思い出が1人でも多くの人の心に残るようにと、ボランティアたちが奮闘。会場案内や作品説明、ワークショップの指導に励んでいる。
 十二日は午後一時半に市役所前集合で、市ふるさとコンパニオンの会による出品作のガイドツアーが行われる。美術展(書)を開催中の万倉ふれあいセンターでは、十二日午前十時から、にぎり墨の製作体験、マーブリング・ろう字・拓本の体験行事がある。国文祭全体の閉会式・グランドフィナーレは、午後一時半から山口市阿知須の多目的ドームで開催(整理券は配布済み)。「文化維新おひろめ☆たい志」やバンブーオーケストラによるパフォーマンスなどで、華やかに祭典を締めくくる。

 ワークショップへの参加を勧めるボランティア(銀天街で)

カテゴリー:アーカイブ2006年11月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ