教善寺で樹齢450年のサザンカ咲く

 宇部市万倉浅地の教善寺(杉形卓浄住職)で、名木として知られるサザンカが白い花を咲かせ始めた。「今月中旬ぐらいがピークで、十二月中ごろまでは花が見られるのでは」と同寺。
 サザンカは樹齢約四百五十年。現存するものでは国内で最も長寿という。枝と枝が付く連理(れんり)が見られ、地衣(ちい)植物が付着しているのが特色。市の天然記念物に指定されている。

 開花したサザンカ(教善寺で)

カテゴリー:アーカイブ2007年11月2日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ