国民文化祭「創造・現代ガラス展」開幕

 国民文化祭やまぐち2006「創造・現代ガラス展」は三日、山陽小野田市のきらら交流館で開幕した。ガラスの「夢」プロジェクトとして、三百十一人の子供たちの手形をあしらったモニュメントがきららガラス未来館前庭に完成し、未来へ羽ばたく子供たちの夢の軌跡が披露された。代表園児十六人らが除幕した後、近くに寄って、自分の手形を探したり、じっくり眺めたりして、完成を喜んだ。夜間は午後九時半までライトアップされ、日中とは違った魅力も見せる。
 ガラスのペーパーウエイトを作る「種」プロジェクトもあり、国文祭の回数にちなんで選ばれた小学一年生二十一人が、自分たちでデザインした作品を作家と一緒に仕上げた。作業は五日もあり、完成した「ガラスの種」は八日から未来館で展示する。

 手形はどこかな―ガラスのモニュメントを鑑賞する親子連れ(きららガラス未来館で)

ガラス造形を特別体験する小学生

カテゴリー:アーカイブ2006年11月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single