11月は「マイバッグ月間」

 宇部市地球温暖化対策ネットワーク(UNCCA)と宇部日報社は、宇部市と共催して地球温暖化対策につながるレジ袋の削減に取り組んでいるが、十一月を「マイバッグ月間」に、と提案し、広く市民に買い物の際に自前のバッグを持参するよう呼び掛ける。
 九月中旬から十月末まで募集し、千百六十六人が集まった「マイバッグ党1000人宣言!」キャンペーン運動の賛同者を中心に、月間中にはなるべくレジ袋を受け取らない、受け取る回数を減らすようにしてもらう。スーパーなど店に対しても、マイバッグ持参者には買い物ポイントがアップするなどの協力を呼び掛ける。
 UNCCAは、市内のスーパー、コンビニ、ドラッグストアなど五十五事業所に対して、八月にレジ袋使用量実態アンケート調査を行っており、十一月に二回目の調査を実施する。使用量を比較、分析し、減ったレジ袋の枚数から、宇部市全体の二酸化炭素排出削減量をはじき出す。
 これまでにも環境に優しい買い物をしているかを調べる市民対象のグリーンコンシューマー度チェック、マイバッグ普及のための手作りマイバッグコンテストを行っている。コンテストには、市内外から百六十人三百二点の応募があり、七-九日に文化会館二階で「手作りマイバッグコンテスト展示会」を開催。全作品を一堂に展示する。

カテゴリー:アーカイブ2006年11月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single