SO世界大会で2個の金、水泳の小方選手が市長表敬

 日本代表として、知的障害者のスポーツの祭典、スペシャルオリンピックス(SO)夏季世界大会に出場した小方基宏選手(32)=宇部市川添=が、水泳二種目で金メダルを獲得した。十六日、藤田忠夫市長を表敬訪問し、優勝を報告した。大会は二日から十日間、中国・上海市で開かれた。小方選手は「いい経験になった。これからも一生懸命頑張って、感動の輪を地域に広げていきたい」と話した。
 SO世界大会は夏季と冬季があり、ともに四年に一度開かれる。上海大会には百六十九の国と地域から七千人以上の選手が出場し、二十五競技が行われた。日本からは八十二人が十一競技に出場した。

 藤田市長に金メダルを披露する小方選手(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2007年10月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ