市社協山陽支所のデイサービス開始

 山陽小野田市社会福祉協議会山陽支所が実施する「生きがいデイサービス事業」が、二十四日から埴生地区の「ケアハウスさんよう」内の地域交流センターで始まった。津布田地区は、二十六日から津布田会館で、厚陽地区は二十七日から公民館で始まる。三地区とも週一回ずつ実施する。六十五歳以上の比較的健康なお年寄りを対象に、閉じこもりなどから介護が必要な状態にならないように、介護予防のための行事やレクリエーションを行い、高齢者の生きがいづくりを支援する。
 利用者の参加費は、食事付きで一人七百円。利用時間は午前九時半から午後二時までで、送迎もある。山陽支所では、各会場での利用を呼び掛けている。問い合わせは市社協山陽支所(電話72-1813)まで。

 健康体操を楽しむ利用者(地域交流センターで)

カテゴリー:アーカイブ2006年10月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ