本紙連載、堀雅昭さんの『炭山の王国』出版

 宇部市北条の作家、堀雅昭さん(45)が、宇部日報に二〇〇五年四月から二年半にわたって長期連載した「渡辺祐策と宇部」が伝記評伝『炭山(すみやま)の王国-渡辺祐策とその時代』としてまとまり、宇部日報社が発行した。宇部興産の前身となる沖ノ山炭鉱を創業した渡辺祐策の生涯を描いた。宇部の発展の礎となった炭鉱秘話を紹介し、その人となりを浮き彫りに。
 堀さんは「この本が宇部興産創業百十周年の年に出版できてうれしい。渡辺祐策の人生の軌跡を追ったが、宇部市の歴史を解説した本でもある」と語った。
 A5判、二百八十六ページ。二千円(税込み)。発売元は弦書房(福岡市)。幸太郎本舗、宮脇書店宇部店、TSUTAYA宇部中央店、バッハ書店宇部、宇部日報社、山口市の文栄堂本店、宮脇書店湯田店で販売。問い合わせは宇部日報社書籍係(電話0120-33-4946)へ。

 出版された『炭山の王国』

カテゴリー:アーカイブ2007年10月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ