「ルーラル・きらら・フェスタ」、早朝から盛況

 朝市や直売所で新鮮な野菜や魚を販売する「ルーラル・きらら・フェスタ」が、二十二日から宇部地域の朝市で始まった。二十三日はJA山口宇部西岐波フレッシュ朝市(水井美代子会長、九人)など二カ所であり、多くの市民でにぎわった。
 農・漁業地域の持つ機能や役割への理解促進を図ろうと、宇部市十カ所、山陽小野田市八カ所、山口市阿知須四カ所で開催。昨年まで二日間で行っていたが、より多くの人に親しんでほしいと、今年は一週間の期間を設け、各朝市の通常開催曜日に開いている。
 毎週月、土曜日にJR床波駅近くで行っている同朝市は、八時ごろには既に多くの市民が来場。カツオ菜、ハクサイ、シュンギクなどの菜類を中心に、サツマイモ、ミカンなど新鮮な地元産品が人気を集めていた。先着百人にはティッシュペーパーがプレゼントされた。

 新鮮な野菜を買い求める地元住民ら(23日午前8時半ごろ、西岐波フレッシュ朝市で)

カテゴリー:アーカイブ2006年10月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single