「手作りマイバッグコンテスト」締め切りが迫る

 宇部市地球温暖化対策ネットワーク(UNCCA)と宇部日報社が募集している「手作りマイバッグコンテスト」の締め切りが迫った。受付窓口のUNCCA事務局(寿町)には、趣向を凝らしたバッグが届けられている。二十五日必着。
 九月初めから募集を開始し、これまでに約八十点が寄せられた。カラフルな布やパッチワークで作った作品、スカートや着物、古くなった傘の生地を解いて作ったバッグなどが集まっている。
 手作りマイバッグは未発表のもので、大きさ、材質は自由。応募資格は、宇部市と近郷に在住または通勤・通学している人で、年齢、性別は問わない。一人何点でも出品できる。大賞(賞金五万円)、準大賞(同三万円)、デザイン賞(同一万円)、リサイクル賞(同一万円)、創意工夫賞(同一万円)のほか、応募者全員の中から抽選で十人に食事券五千円分を贈る。住所、氏名、年齢、電話番号と作品メッセージ(百字以内)を添えて、宇部市地球温暖化対策ネットワーク事務局(〒755-0032宇部市寿町2-11-28)に持参するか、宅配便で送る。受付時間は午後一時-五時(土日・祝日は休み)。

 UNCCA事務局に届いているバッグ

カテゴリー:アーカイブ2006年10月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single