巨大ニンニクの植え付け始まる

 一片の胴回りが約十五センチある巨大なニンニクの植え付けが宇部市小野藤河内の畑で始まった。飯森木材(飯森浩一社長)が「キングニンニク」のブランド名で、今年から本格的に市場に参入。来年六月に収穫見込みの約十トンのうち、既に四トンが出荷先の予約を受けている。関東や京都からも問い合わせがあるという。
 同社藤河内ファーム農業生産部の村中育雄部長は「今後は販売網を拡充して全国ブランドとして確立したい」と意気込んでいる。

 畑にニンニクを植える社員(藤河内で)

カテゴリー:アーカイブ2007年10月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single