新天町活性化へ女性会動く

 宇部新天町名店街協同組合女性会(阿寿賀節子会長)が、商店街各店舗の活性化に向け、ユニークな企画を進めている。福袋のような感覚で、小さな箱にアイデアを生かしたいろいろな商品を詰めて販売する“玉手箱作戦”だ。八月に広島県の三商店街と合同で開いた交流会での情報を参考にしたもので「客とのコミュニケーションの手段に」と期待している。十一日に行った二回目の勉強会では名称を決定。まずは宇部まつりでの初販売で弾みを付けたいという。 きっかけは、七月にファームプラザ新天町で行った商業活性化アドバイザーの江島康子さん(福岡市)のセミナー。宇部商工会議所の勧めで参加した阿寿賀会長ら理事三人が、江島さんの言葉に感銘を受け、交流会にも参加した。

 会員らが持ち寄った「宝箱」

勉強会で江島さんから指導を受ける会員ら(ファームプラザ新天町で)

カテゴリー:アーカイブ2006年10月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single