ときわミュージアム開館と現代日本彫刻展開幕、多彩なイベントで祝う

 宇部市の常盤公園で二十九日、「緑と花と彫刻の博物館」(愛称・ときわミュージアム)と、第二十二回現代日本彫刻展(市、同展運営委員会など主催)がオープンした。彫刻と植物の競演が楽しめる全国的にも珍しい博物館の開館と、日本を代表する彫刻展の開場を、多彩なイベントで祝った。
 第二十二回現代日本彫刻展の審査は二十八日、常盤公園であり、ポーランド人のピョートル・ツフォルドフスキーさん(35)の作品「PERMUTATION(パーミュテーションー=順列)」が大賞に輝いた。外国人作家の大賞受賞は初めて。同展の会期は十一月十一日まで。

 開館・開場を祝うテープカット(29日午前10時半ごろ、緑と花と彫刻の博物館で)

大賞に輝いた「PERMUTATION」

カテゴリー:アーカイブ2007年9月29日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ