赤崎興産が外国人研修生受け入れ機関設立

 山陽小野田市の塗装・防水工事業、赤崎興産(森本敏生社長)は、外国人研修生・技能実習生受け入れ機関「協同組合AAA(All Asia Association)」を設立した。第一陣となる中国からの研修生九人が来日し、県内企業への配属を前に、語学や生活習慣の習得に励んでいる。
 現地での面接を経て選抜したのは二十歳代の九人。市内の寮で研修に励んでおり、十月初旬から県内四社に勤務し、スキルアップに励むという。

 集合研修に励む研修生(市内の赤崎興産研修生寮で)

カテゴリー:アーカイブ2007年9月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single