中国5県縦断キャラバン出発式

 水素自動車・燃料電池車による中国五県縦断キャラバンの出発式は二十五日、宇部市あすとぴあ四丁目の県産業技術センター前であり、約百人に見送られて四台の車がスタートした。
 エネルギー事業とその関連製品を扱う岩谷産業(本社・東京、大阪)が、関係団体とタイアップして行う水素エネルギー社会実現のためのPRイベント。二十日に鹿児島県種子島を出発し、十月二十二日まで三十三日間かけて、北海道稚内市まで四千五百キロを走り、各学校で炭酸ガスを排出しないクリーンエネルギーについて出前授業や体験試乗を行う。
 中国五県では、産技センターを出発し、八日間かけて広島、島根、鳥取県を経由して岡山市までの約七百キロを走破する。小・中・高校十校に立ち寄り出前授業。県内では二十六日に、周南市の中学校と高校でデモンストレーションを行う。

 稚内を目指して出発するキャラバン隊(県産業技術センターで)

カテゴリー:アーカイブ2007年9月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ