29日、「山陽小野田市民まつり」開催

 第一回「山陽小野田市民まつり」は、二十九日午前九時半から県立おのだサッカー交流公園で開かれる。パレードや太鼓の演奏、日本一の夢もちまき大会など多彩なイベントを繰り広げ、新市の一体感を醸成する。同実行委員会(会長・田中剛男山陽商工会議所会頭)主催。
 会場には、メーンのステージ、キッズ、産業などの各ゾーンを設ける。ステージは十四メートル四方で、会場のどこにいても壇上のパフォーマンスや演奏などが楽しめる。ステージ、パレードには二十一団体が出演し、山陽小野田音頭の総踊りでは、約五百人が踊りの輪を広げる。もちまきは、現在、日本一とされている岩手県内の農業祭りの七百キロを上回るもちを振る舞う。当日まで重量は明らかにしない。
 二十八日は前夜祭として、第九回「お祝い夢花火」が午後五時から埴生漁港で開かれる。テーマは「響」。嘉門達夫のオープニングライブに続き、六時十分から花火を打ち上げる。

 市民まつりのポスター

カテゴリー:アーカイブ2006年10月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single