山陽地区に初の女性消防団員

 女性消防団員の辞令交付式は二日、山陽小野田市消防本部で行われた。山陽地区に住む六人が新加入し、住宅防火診断や救命講習への参加など、主に予防業務に携わる。
 女性団員は、旧小野田市には十人いたが、旧山陽町にはいなかったため、合併を機に募集した。学生や社会人など二十、三十歳代で、入団理由は「ボランティアがしたかった」「仕事に生かしたい」などさまざま。災害現場ではなく、高齢者宅を回る住宅防火診断、出初め式や展示会でのスタッフなどが活躍の場。必要に応じて招集され、その際は非常勤の地方公務員となる。十一月の住宅防火診断が初仕事になる。

 消防団に加入した女性6人(市消防本部で)

カテゴリー:アーカイブ2006年10月4日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ