障害者の就職面接会、就業の厳しさ浮き彫り

 障害者の就職面接会が二十九日、宇部市のときわ湖水ホールで開かれた。障害者自立支援法の施行により、就業を求める障害者が昨年に比べ大幅に増加。一方、参加企業は昨年並みで、改めて障害者の就業の厳しさが浮き彫りになった。
 ハローワーク宇部・小野田主催。三十-四十代を中心に身体、知的、精神に障害を持つ九十九人が面接に臨み、昨年の七十六人を大きく上回った。両職安管内の製造業、建設業、卸売・小売業、医療・福祉サービス業など二十三社(求人三十五件、求人数四十五人)が参加。昨年の二十四社(求人三十二件、求人数四十五人)と同程度で一層狭き門になった。

 大勢の障害者が訪れた障害者就職面接会(ときわ湖水ホールで)

カテゴリー:アーカイブ2006年9月30日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ