学校適正化答申案まとまる

 山陽小野田市立学校適正規模適正配置検討委員会(委員長・村田貴信山口東京理科大助教授、十五人)は二十七日、市役所であり、適正な学級人数は小・中学校とも三十五人以下、学年の学級数は小学校が「二学級以上三学級以下」、中学校が「三学級以上六学級以下」とした。これに基づく適正配置は、通学区域を見直し、統廃合も視野に入れて検討するよう求めている。近く江沢正思教育長に答申する。

 答申案を修正する委員(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2006年9月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single