交通安全運動で小野田工、LCが街頭啓発

 秋の全国交通安全運動中の二十六日、小野田工高(梅森雅広校長、三百八十人)の生徒たちは同校西側の公園通りで、小野田ライオンズクラブ(黒石信彰会長、四十三人)が山陽自動車道小野田IC付近で、それぞれ交通安全キャンペーンを行い、ドライバーに安全運転を呼び掛けた。
 小野田ライオンズクラブは、高速道路での事故を防ごうと、四年前から小野田IC付近で実施している。参加者たちは、二班に分かれ、インターの入り口と出口付近でドライバーに、事故無しの願いを込めて、ナシとチラシなどを配りながら「安全運転をお願いします」と呼び掛けた。

 ナシなどを配るライオンズメンバー(山陽自動車道小野田ICで)

カテゴリー:アーカイブ2006年9月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ