宇部市消防本部が10月からAED無料貸し出し開始

 宇部市消防本部(矢野洋司消防長)は、十月一日からAED(自動体外式除細動器)の無料貸し出しサービスを開始する。県内の消防機関では初めての試み。「市民の安心・安全のために、積極的に利用してもらいたい。また、救命講習を受講する人が増え、救命の輪が広がれば」と同本部では期待を寄せている。
 AEDは、突然に心臓が止まった傷病者の命を救うため、心臓への除細動(電気ショック)を速やかに行うことができる機器。傷病者の胸部に電極パッドを張り付けると、除細動が必要かどうかを判断し、操作指示を音声で知らせる。問い合わせは同課(電話21-6112)へ。

 市消防本部が10月から貸し出しを始めるAED2台(同本部で)

カテゴリー:アーカイブ2006年9月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ