宇部高専の福屋教授と澤准教授がイチロー選手を英語教材に

 宇部高専で英語を教えている福屋利信教授(56)と澤泰人准教授(35)が、米国のメジャーリーグで活躍するイチロー選手をテーマにした英文教材を制作した。タイトルは「Ichiroism-The Samurai Style Baseball(イチロー主義-武士道に通じた野球)」。インタビュー記事などを読み深め、イチロー選手の父親・鈴木宣之さんにも取材をし、約一年かけてまとめ上げた。教材は、十月からの後期の授業で活用していく。
「わたし自身、楽しみながら読めたので、生徒も関心を持って学んでくれると思う」と澤准教授。福屋教授は「人生を歩んでいく上で参考になるイチロー選手の言葉やメッセージも詰まっているので、多くの生徒に読んでほしい」と話している。

 イチロー選手をテーマに、オリジナルの英語教材を作った福屋教授(左)と澤准教授(宇部高専で)

カテゴリー:アーカイブ2007年9月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ