救急の日フェアで救急措置のこつ学ぶ

「救急の日」の九日、フジグラン宇部で救急の日フェアが行われ、買い物客が、医師や救急救命士から、マンツーマンでAED(自動体外式除細動器)の使い方と、心肺蘇生(そせい)法を習った。宇部市医師会(福田信二会長)主催。練習用の人形四体が並べられた会場では、買い物に来ていた老若男女が、次々と実習に取り組み、救命処置の手順とこつを覚えた。

 AEDの使い方を習う男の子(フジグラン宇部で)

カテゴリー:アーカイブ2007年9月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ