宇部市楠総合支所、壁面緑化で快適

 宇部市楠総合支所で、建物の外壁を緑化することで涼しさを醸し出す壁面緑化の取り組みが進んでいる。職員らがアイデアと経験を持ち寄った手作りの緑化設備。着手からまだ日が浅く、植物は十分に育っていないが、来庁者に気持ちの潤いを与えている。
 西日が当たる第一庁舎正面の左右二カ所で実施。市内で採取したリュウキュウアサガオ(ノアサガオ)のほか、職員が持ち寄ったアサガオとゴーヤを植えている。陣頭指揮に立った伊藤勇支所長は「網が緑色ということもあって、目に優しく、心が和む。花が咲く日が待ち遠しい」と話している。

 つるを伸ばし花を咲かせ始めた緑化植物(市楠総合支所で)

カテゴリー:アーカイブ2007年9月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ