山陽小野田市が暴力団の市住入居制限を9月議会に上程

 東京都町田市の都営住宅で発生した暴力団員による立てこもり発砲事件を受けて、公営住宅から暴力団員を排除する制度が各自治体で整備されているが、山陽小野田市も、暴力団員の入居を制限する市営住宅管理条例の改正案を九月定例市議会に上程する。承認されれば、十二月改正に向けて作業を進める県に先駆け、第一号となる。
 改正案によると、入居者、同居もしくは同居しようとする親族が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団員の場合、資格制限し、入居できなくする。市長による同居の承認も同様の措置。既存の入居者(同居者含む)が暴力団員と判明した場合は、住宅の明け渡しが請求できる。

カテゴリー:アーカイブ2007年8月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single