山陽市民病院に関する中間答申案

 山陽小野田市新病院建設構想検討委員会(砂川功委員長、十五人)は二十二日、山陽市民病院に関する中間答申案を調整した。建物の老朽化、財務的な観点から、小野田市民病院に速やかに統合するとともに、入院患者の転退院への万全の対応、地域医療への十分な配慮を求める内容で固まりそう。

 答申案を調整する委員(小野田市民病院で)

カテゴリー:アーカイブ2007年8月23日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ