住宅用火災警報器、レシートでPR

 山陽小野田市消防本部は、今月から市内のスーパーやホームセンターと連携し、レシートでの住宅用火災警報器のPRを始めた。同警報器は、二〇一一年五月末までにすべての住宅に設置が義務付けられている。
 協力店はジュンテンドー厚狭店、ナフコ小野田店、コメリ山口小野田店、フジグラン小野田、アルク小野田店。文言はほぼ各店舗に任せてあるが、いずれも警報器の早期設置を呼び掛ける内容となっている。警報器はホームセンターや電気店などで取り扱っており、日本消防検定協会鑑定のNSマークが付いたもので、一個四千-一万円程度。

 住宅用火災警報器の設置を呼び掛けるレシート

カテゴリー:アーカイブ2007年8月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ