中古携帯電話、リサイクル店で売れ行き好調

 九州・山口に店舗を置くリサイクルショップ・マンガ倉庫(本社・福岡県北九州市)では、使わなくなった携帯電話の買い取りと販売を始めた。店頭での取り扱いは全国的にも珍しい。中央町三丁目の宇部店(大石季伸店長)でも五月から取り扱いを始めて売れ行きは好調だ。
 商品の携帯電話は白ロムと呼ばれる番号が入っていない機械。店頭のショーケースには約二十台が並べられ、人気度と傷み具合に応じて数千円から数万円の値段が付けられている。

 店頭に並ぶ中古の携帯電話(マンガ倉庫で)

カテゴリー:アーカイブ2007年8月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ