中央図書館の昨年度利用まとめ

 二〇〇六年度、山陽小野田市立中央図書館には、例年並みの延べ十四万四千四百七十七人が足を運んだ。貸し出しは二十七万二千五百七十二点(ビデオなどAV資料四万九百十九点を含む)あり、一般書と児童書が大半を占めた。厚狭図書館は二万四千三百七十三人、赤崎分館は六千百四十人、高千帆分館は五千二百十九人が利用した。
 所蔵は図書、雑誌類、AV資料など約二十一万点。貸出利用者は約七万二千人で、年齢別では六十歳以上が最も多く一万六千八百人、次いで三十歳代の一万三千四百人。中・高校生の年齢層は三千百人で、小学生の八千三百人の半数にも満たなかった。

カテゴリー:アーカイブ2007年8月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ