ペットボトルが風力自動車に

 「親子でチャレンジ|ペットボトルを車に変身させちゃおう!」は十七日、コープやまぐち宇部店あい愛館で開かれ、幼児・小学校低学年の子供たち三十人と保護者二十人が、リサイクル工作に取り組み、風力自動車を完成させた。
 コープやまぐち子育て教育ネットワーク(石尾美和子代表)が初めて開催。石尾代表は「夏休みの子供の宿題も兼ねて、親子で触れ合いながら楽しめる行事を考えた。物を捨てるのは簡単だけど、違うものに変身させ、再利用できることを子供たちに知らせたい」と狙いを語った。
 講師は、県ひとづくり財団の環境アドバイザー・曽我邦雄さんと環境パートナー三人が務めた。参加者は角型のペットボトルに、はんだごてで穴を開け、フィルムケースをタイヤ、竹ぐしを車軸にして車を作製。中央に帆柱を立て、花や似顔絵、昆虫、キャラクターなど好きな絵を描いた紙を張り付けた。
 難しいところは親の手を借りながら、約一時間でオリジナルの自動車を作り上げた子供たち。うちわであおぐと、車が勢いよく前に進んで、大喜び。速さを競うレースもあり、夢中で風を送った。

 はんだごてでペットボトルに穴を開ける参加者(コープやまぐち宇部店あい愛館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年8月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single