さあ!飛躍の2学期

 宇部市、山陽小野田市の小・中学校と高校で一日、始業式が行われた。児童、生徒は楽しかった夏休みの思い出を胸に、はつらつと登校。二学期は、運動会や文化祭など大きな行事が予定されており、子供たちは充実した秋に向け、気持ちを入れ替え、スタートを切った。 上宇部小(渡邉哲郎校長、七百七十九人)では、午前九時二十分から体育館で始業式。渡邉校長は「二学期は、勉強では、まず自分でやってみて、友達と一緒に考え、先生に習う気持ちを忘れず、頑張ってほしい。生活面では、励ましたり、慰めたり、自分がしてほしいことを人にしてあげるようにしよう。笑顔と優しい言葉が飛び交う学期になることを期待している」とあいさつ。転入生と交代する先生の紹介もあった。

 夏休みに作った作品などを手にする1年2組の子供たち(1日午前10時すぎ、上宇部小で)

カテゴリー:アーカイブ2006年9月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ