市資源ごみ回収拠点施設、モラルの低下目立つ

 宇部市内二カ所にある「市資源ごみ回収拠点施設」の利用モラルが問われている。盆期間中は十四日正午から十七日午前九時まで「閉鎖」だったにもかかわらず、多くのごみが持ち込まれたほか、対象外の粗大ごみも目立った。同様の施設「資源デポ」を県内で初めて開設した山陽小野田市は今年二月、マナー悪化のため休止しており、市民に適正な利用が求められている。

 閉鎖明けも大量のごみが持ち込まれていた回収拠点施設(17日午前9時、新町で)

カテゴリー:アーカイブ2007年8月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ