阿知須でペルセウス座流星群観測会

 夏の星空を切り裂くように出現するペルセウス座流星群を見ようと、宇部天文同好会(久幸美雄会長)主催の流星観測会は十二日夜、山口市阿知須のきらら浜自然観察公園駐車場であり、幼児から七十歳代の高年者まで約二百人が参加。天の川がくっきり横たわる夏の星空をバックに、明るい流れ星が現れるごとに歓声を上げた。
 ペルセウス座流星群はスイフト・タットル彗星のダストで、地球に衝突する速度が速いため、明るい流星が多く、流れた後もぼんやりとした煙のような流星痕が見られることもあって、人気を集めている。

 ペルセウス座流星群の流れ星を観測する参加者(きらら浜自然観察公園で、宮崎慶一郎さん撮影)

カテゴリー:アーカイブ2007年8月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single