西岐波権代南向地蔵祭りで家内安全など祈願

 権代南向地蔵祭りが二十四日、宇部市西岐波床波で行われた。地蔵の横を流れる沢波川では、地域の賛同団体による六百個の灯ろうと飾り山の展示も行われ、家内安全などを祈る参拝者千人を楽しませた。
 灯ろうは経済グループ、西岐波はってんクラブ(師井洋明会長)が三百メートルにわたって設置。日没と同時に点灯され、川面に漂う幻想的な明かりが、住民たちの心を和ませていた。飾り山は青少年健全育成団体の喜楽会が、NHKの大河ドラマ「功名が辻」をテーマに、高さ五メートル、幅五・四メートル、奥行き二・五メートルの大作で、注目を集めていた。

 地蔵に参拝する地域住民(西岐波床波6丁目で)

展示された灯ろうと飾り山(西岐波床波6丁目で)

カテゴリー:アーカイブ2006年8月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ