見初校区のお楽しみ会でバルーン細工に挑戦

 見初校区母親クラブ(伊妻初恵代表)主催のお楽しみ会が二十三日、見初小体育館で開かれた。児童ら六十人が、細長い風船を使ったバルーン細工に取り組み、膨らませたり、ねじって絡ませたりしながら、動物や剣を作り上げた。
 同クラブの伊妻代表らメンバー十五人が、ビデオなどで特訓して講師を務めた。子供たちは、オレンジ、ピンク、黄色など色とりどりの風船を手に、悪戦苦闘しながら製作。男児は剣を手にチャンバラを楽しみ、女児はたくさんの犬を並べて喜んでいた。

 バルーン作りを楽しむ子供たち(見初小で)

カテゴリー:アーカイブ2006年8月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ