赤崎校区で七夕夏まつり

 赤崎校区の七夕夏まつり「サマーナイトin AKASAKI」は四日、赤崎公民館駐車場で開かれた。ステージ発表や各種飲食バザーなど多彩な催しが繰り広げられ、多数の地域住民が触れ合いの輪を広げた。同実行委員会(末永計豊委員長)主催。
 ステージ前広場では、木戸刈屋盆唄に合わせて、地元の保存会(木村実会長、六十人)のメンバー二十五人が踊りの輪を広げた。赤崎小児童たちを中心にしたゴールド・キッズによるダンス、ボランティア美栄の会の健康舞踊などがあった。会場では、カレーライス、焼きそば、かき氷などのバザーが設けられ、住民たちが夏の夕べを楽しんだ。

 ダンスを披露するゴールド・キッズ(赤崎公民館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年8月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ