宇部商高商業研究部が校外販売実習

 宇部商高(山根多野真路校長)の商業研究部(三井菜々部長、十五人)が三、四日、ゆめタウン宇部とフジグラン宇部、山口宇部空港の三カ所に分かれて校外販売実習を行った。
 同部は、地域にこだわった商品作りに取り組んでおり、二年前に抹茶大福、昨年はお茶かまぼこを商品化。今年度は新作三品を開発中で、「一心シューロール」は虎月堂、お茶パイはロイヤル、抹茶入りチョコレートケーキは小川蜜カス本舗の協力を得て進めている。この実習での経験を下に、十一月の宇部商デパートや、同空港のイベントでの販売方法を検討していく。

 接客する部員たち(ゆめタウン宇部で)

カテゴリー:アーカイブ2007年8月4日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ