小野田、厚狭両警察署の上半期交通白書

 小野田、厚狭の両警察署は、二〇〇六年上半期(一-六月)の交通事故発生状況をまとめた。両署を合計した山陽小野田市全体の人身事故は百八十五件で、昨年同期比二十三件のマイナス。負傷者も減少した。一月は立て続けに三件の死亡事故が発生し、高齢者二人を含む三人が命を落とすなど不安な交通情勢だったが、二月以降大規模な事故はほとんどなかった。
 事故原因の多くはドライバーの前方不注意。トップの追突は五十三件と約三割を占める。国道や県道といった主要道路での発生が圧倒的に多い。月別では、一月は三十五件、二月は三十件、三月は三十五件、四月は二十八件、五月は三十一件、六月は二十六件。

カテゴリー:アーカイブ2006年8月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ