台風5号で157世帯232人が避難

 台風5号は三日午前一時すぎ、宇部市付近に上陸。午前三時には暴風域を抜けた。宇部市内の瞬間最大風速は午前五時五十三分に市役所で二○・二メートル。二日午後二時の降り始めから三日午前十時までの雨量は、小野で一五七ミリ、二俣瀬で一三七ミリ、市役所で一○九ミリだったのをはじめ、市内各地で一○○ミリを超えた。
 市は二日午後四時半に災害対策本部を設置。東岐波、西岐波、常盤、恩田、岬、原の二千百世帯五千二百人に避難勧告を出した。午後十一時には自主避難を含め、百五十七世帯二百三十二人が、ふれあいセンターや小学校などに避難した。

 改札口に列車の遅れを知らせる掲示板が設置された(3日午前9時すぎ、JR宇部新川駅で)

カテゴリー:アーカイブ2007年8月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single