8月15日、61年目の終戦記念日

 六十一年目の終戦記念日を迎えた十五日、中宇部維新山の宇部護国神社(野村好史宮司)では、八月に亡くなった人たちの命日祭が営まれ、遺族らが英霊を追悼した。市街地を見下ろす市役所西側の屋上には、静かに半旗が掲げられた。
 命日祭は毎月十七日に決まっているが、八月だけは終戦記念日に合わせて実施。同神社は、旧藩主の福原越後を主神とし、太平洋戦争の戦没者三千四百三十柱や、日清・日露戦争後の戦没者、公務殉職者らが祭られている

 神前に玉ぐしを奉納する遺族ら(15日午前10時20分ごろ、宇部護国神社で)

カテゴリー:アーカイブ2006年8月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ