厚狭駅前商店街の配水管更新

 山陽小野田市水道局(山縣武士局長)は今年度から五カ年の中期計画で、老朽化している物見山・千町線の配水管(敷設延長五百五十メートル)を更新整備する。合併後、山陽地区の配水管が改良されるのは初めて。第一期工事はほぼ終了し、今月末にはJR厚狭駅前(在来線口)の東側百四十メートルで、既設管が口径の大きい管に切り替わる。
 来年度以降は、配水池に向けて残りの約四百メートルの事業化に着手するが、商店街内の幅員が狭いため、地元との事前協議で理解と協力を求めていく。線路、厚狭川などの“難所”もあり、全線敷設には時間がかかりそう。事業費は一億円超を見込んでいる。

カテゴリー:アーカイブ2006年8月15日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single